みちスタイル

岡山

ガンダム世代集合!城下町の風情と溶け込む巨大モビルスーツ 道の駅 九米の里

出典:http://www.okayamania.com/
出典:http://www.okayamania.com/
津山城
出典:http://www.okayama-kanko.jp/

岡山県津山市は、岡山県の北部に位置し北は鳥取県に接し、中国地方最大の盆地である津山盆地を含む市です。そんな津山市にあるのが、津山藩の初代藩主・森忠政が12年の歳月をかけて築城された「津山城」です。明治時代の廃城令で、一度は建物が全て取り壊されましたが、現在でも地上から45mの巨大な石垣が当時の様子を今に伝えています。また、2005年には、藩主やその家族が暮らしたと言われている、場内最大規模のやぐらの「備中櫓」が復元されました。

現在、城跡は鶴山公園(かくざんこうえん)として多くの市民の憩いの場として親しまれています。また、公園内には約1000本の桜が植えられており、西日本有数の桜の名所で「さくら名所百選」にも選ばれています。毎年桜のシーズンになると、津山城と桜の見事な競演を眺めに多くの方が訪れます。

衆楽園
出典:http://www.tsuyamakan.jp/

同じ津山市内にある「衆楽園」は、津山藩の2代目藩主森長継が、京都から庭師を招いて作った近世池泉回遊式の大名庭園です。島の配置や植え込みが、京都の仙洞御所に似ていると言われ、京風の趣を感じさせてくれる庭園となっています。庭園は南北に長い敷地で、大半を池が占め、当時は約2400坪と現在の約3倍程の面積があったといわれています。人工物がほとんど無く、自然と一体化した庭となっています。庭園では季節ごとに、春は桜、夏は睡蓮、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季を通じてそれぞれの魅力的な景観を楽しむことができます。平成14年9月は「旧津山藩別邸庭園(衆楽園)」として、国の名勝にも指定されました。

久米の里

そんな、津山城の城下町となり、当時の遺構や古い町並みが残る津山市にあるのが道の駅 久米の里です。中国自動車道 院庄ICより5分のところにあります。道の駅には、津山市在住の中元さんが、たった一人で自ら設計・製作した巨大モビルスーツがそびえ立っています。どなたでも自由に見学できますので、ガンダム好きの方も、そうでない方も一度見てみてはいかがでしょうか。その他にも、B-1グルメで有名な牛ホルモン入りの焼きうどん「津山ホルモンうどん」や、地元の農産物をふんだんに使った旬の味を楽しめるグルメスポットになっています。旅のお食事やご休憩の際にぜひお立ち寄りください。

ガンダム世代集合!城下町の風情と溶け込む巨大モビルスーツ 道の駅 九米の里

この記事が気に入ったらシェア

Share: