みちスタイル

愛知

1300年の陶磁器文化が息づく街 道の駅瀬戸しなの

出典:http://travel.rakuten.co.jp/movement/locotabi/
出典:http://travel.rakuten.co.jp/movement/locotabi/

東日本で「せともの」といえば陶磁器のことを言いますが、その言葉の元は愛知県瀬戸市で作られていた「瀬戸焼」から由来しています。瀬戸市は1300年の伝統がある陶磁器の街として、文化や伝統が今に息づいています。そんな陶磁器に関しての歴史などが学べるのが「愛知県陶磁美術館」です。館内には瀬戸をはじめとした、日本の焼き物の歴史が紹介されている他に、美術的に価値のある焼き物も展示されています。さらに「作陶」または「絵付け」の陶芸体験を行うことができます。指導員が優しく教えてくれるので、小さな子供から年配の方まで、誰でも本格的な陶芸作りを楽しむことができます。

岩屋堂公園
出典:http://koyo.walkerplus.com

また、自然豊かな瀬戸市にある「岩屋堂公園」は、愛知高原国定公園内ある公園です。「岩屋堂」とは、名僧行基の伝説に由来する天然の大きなほこら。園内には、瀬戸大滝や、春は桜、夏は天然プール、秋は紅葉と、四季を通じで自然の魅力を満喫できるスポットが満載です。「岩屋堂」の脇にある東海自然歩道を20分ほど登ると「岩巣山展望台」へ到着。展望台からは名古屋駅のビル群などが眼下に広がる絶景を楽しむこともできます。

瀬戸しなの
出典:https://www.aichi-now.jp/

そんな伝統と自然豊かな瀬戸市にあるのが、「道の駅 瀬戸しなの」です。東海環状自動車道せと品野ICのほど近くにあり、レンガ張りのオシャレなデザインと大きな煙突が目印の道の駅です。「せともの」の街ならではの、「せともの」の器に盛られた料理が味わえる「せとめし食堂」では、ご当地グルメの「瀬戸焼そば」や「瀬戸豚かつ定食」が楽しめます。他にも地元の新鮮な農作物や、瀬戸のお土産などがたくさん揃っています。旅の休憩やお買い物のにお立ち寄り下さい。

1300年の陶磁器文化が息づく街 道の駅瀬戸しなの

この記事が気に入ったらシェア

Share: