みちスタイル

愛媛

日本のド真ん中!岡崎城と話題の水族館 道の駅筆柿の里・幸田

出典:http://kodama-shirophoto.seesaa.net/
出典:http://kodama-shirophoto.seesaa.net/

享徳元年(1452)から康正元年(1455)にかけて築かれた岡崎城は、徳川家康が生まれた城としても知られ、家康の天下統一の拠点になりました。現在、岡崎城は岡崎公園内に、当時の姿をそのままに再建されています。天守閣の内部は岡崎の歴史を紹介する歴史資料館となっています。各フロアごと「藩政と支配」「城下町の文化と産業」「城と城主」にテーマが分かれており、それぞれに当時の貴重な資料が展示されています。公園内に併設されている「三河武士のやかた家康館」では、徳川家康にまつわる様々な展示品を見ることができます。また、「甲冑試着体験」では無料で甲冑を試着することができて、写真撮影もOKです。岡崎城に行った際には、ぜひ合わせて訪れたい場所です。

竹島水族館
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/

岡崎城から車で約45分ほどのところにある、今、密かに人気急上昇中のスポットが、 愛知県蒲郡の「竹島水族館」です。ノスタルジーを感じさせる外観の小さな水族館に入ると、そこには常時500種類前後、約4500匹の生き物が展示されています。「竹島水族館」の調べによると、最近ジワジワと人気が出てきている深海魚の展示種類は日本一!オオグソクムシ、タカアシガニ、イガグリガニは直接触ることもでき、全国でもここでしか見られない生き物も展示されています。また、小さな水族館ならではの工夫がいっぱいで、館内にある解説プレートは飼育員の手作りで、誰でも楽しく読めるようになっています。

幸田
出典:http://fudegaki-sato.com/

そんな 愛知県蒲郡にある道の駅「筆柿の里・幸田」は、国道23号線沿いにある道の駅です。「筆柿の里」と道の駅の名前にもなっているように、日本一の出荷量を誇る筆柿は、糖度が15度以上もあるとても甘い柿です。秋になるとたわわに実った筆柿で溢れます。他にも筆柿を使ったワインやゼリーなど、特産の美味をたくさん取り揃えています。旅のご休憩にぜひお立ち寄りください。

日本のド真ん中!岡崎城と話題の水族館 道の駅筆柿の里・幸田

この記事が気に入ったらシェア

Share: