未知スタイル

千葉

この記事をシェアする

地元で採れた新鮮な食材、それを使った郷土料理、そして地元ならではのツウな食べ方などなど。地元に根付いた道の駅ならではの「道の駅めし」をご紹介します!

今回は千葉県多古町にある道の駅 多古あじさい館をご紹介!

道の駅 多古あじさい館は、国道296号線と栗山川が交差する、多古大橋のたもとにあります。目の前に流れる川と、広々とした芝生… 
白い風車と大きな水車がシンボルの、解放感あふれる道の駅。

そんな道の駅 多古あじさい館で頂ける道の駅めしは・・・

圧縮DSC_0289

「多古大和芋の鰻とろ丼」です!
多古町の名産である多古米と大和芋を、うなぎとともに楽しめる贅沢な一品。
多古町は全国屈指の大和芋の生産地。他の地域の大和芋と比較すると、粘りが強く、風味も豊か。
ビタミンや食物繊維、良質のタンパク質が含まれていて消化を助けてくれるそう!夏の暑さで弱った胃にも良さそうですね。

道の駅 多古あじさい館には他にも「道の駅めし」がたくさん!お食事や休憩に、道の駅 多古あじさい館にぜひ訪れてみて下さいね。