未知スタイル

千葉

この記事をシェアする

全国に1,107か所ある道の駅。皆さん、道の駅を休憩するだけの場所だと思っていませんか?ご飯を食べたり、お土産を買ったり・・・確かに休憩するにはばっちりな道の駅。でもそれだけじゃもったいない!すぐに車を走らせたくなる道の駅グルメをご紹介します。

道の駅 しょうなん

まずはこちら。千葉県柏市にある道の駅「しょうなん」。周囲には鳥の博物館などがあり、広大な面積を誇る千葉県を楽しめるポイントがたくさん♪特に手賀沼は自然が豊かなエリア。この道の駅「しょうなん」は手賀沼を望む場所に位置しており、千葉をドライブする際には是非ともオススメしたいスポットです! こちらでご紹介したいグルメはこちら!レストラン「ヴィアッヂオ」の本格中華!

▲▲▲▲▲▲
出典:http://www.trucklink.co.jp/hatarakukuruma/ 写真は担担麺と半チャーハンのセット

担担麺、ものすっごく赤いですね~。辛いものが苦手な方は、この写真だけで汗をかいてしまうのではないでしょうか・・・。味付けもしっかりと、本場を感じる四川風。

こちらは麻婆豆腐。こちらも赤い・・・。でも間違いなく食欲をそそる「赤」です。 辛いものが苦手という方には、辛くない中華料理ももちろんあります!回鍋肉に餃子・・・と皆さんが普段お店で頼む中華料理は大体あるので、心配ご無用。その中でも特にご紹介したいのはこちら。

肉まん!こちらの肉まん、「幻の肉まん」と噂されているそうな・・・。ずっしりと重みのあるその姿。こちらは千葉県柏市のブランド豚「幻霜(げんそう)ポーク」とコラボした商品なんです!「幻霜ポーク」は高級ブランド肉として大手百貨店でも販売される逸品。そのお肉を、ふんだんに使ったのがこの肉まん。口いっぱいに頬張るのって本当に幸せですよね~。「地のもの」を頂くのって、その土地を知る一番の方法だと思います。 それ以外にもレストラン「ヴィアッヂオ」にはパスタや焼き立てパンなどバラエティーに富んだメニューを取り揃えております!皆さんも是非、手賀沼を眺めながら道の駅グルメを楽しまれてはいかがですか?

道の駅 とみうら枇杷倶楽部

▲▲▲▲▲▲

次なる道の駅グルメは千葉県南房総市にある道の駅「とみうら枇杷倶楽部」にあります。目の前には東京ドームとほぼ同じ広さの菜の花畑が広がる、素敵なロケーションに建つ道の駅。菜の花のシーズンでもある2~3月に訪れると、こんな素敵な景色を見ることが出来ます!

想像以上の凄さ。これはこの目で見ないともったいない・・・!しかしこの道の駅、年間を通じてもう一つの名物があるのです!

それは「びわカレー」!道の駅「とみうら枇杷倶楽部」がある南房総市はびわの名産地。ここで採れるびわは「房州びわ」と呼ばれ、皇室に献上されているのです。このびわカレーにはその「房州びわ」を自家製ピューレにしたものが隠し味として入っています。確かに、フルーティーな味わい。こちらでは「びわカレー」以外にも、びわソフト、びわジュース、びわ葉茶などが頂けます。まさにびわづくし!

こちらも大人気のびわソフト。カレーと同じく、房州びわを使った一品。写真からも、少し黄色味がかっているのがお分かり頂けると思いますが、着色料などは不使用。びわの持つ色です。 びわを使った商品の多い「とみうら枇杷倶楽部」。実は道の駅内に工場を持っていて、採れたてのびわをその工場で加工、商品にしているんです!だからこそ、手のかかった商品を提供することができるんですね!そのこだわりと、「地のもの」を発信する心意気に脱帽です。 今回は千葉県にある二つの「道の駅グルメ」をご紹介!ドライブの際に、是非お立ち寄りください♪