みちスタイル

鹿児島

薩摩国でもっとも格式ある神社を巡る 「道の駅 樋脇」

出典:https://nangoku-kotsu.com/
出典:https://nangoku-kotsu.com/

薩摩川内市は薩摩半島の北西部に位置し、鹿児島県内最大の面積の市です。東シナ海に面した海岸線や市街地を流れる川内川、緑豊かな山や湖などを有する自然豊かな場所にあります。 また飛鳥時代には、薩摩国府が置かれるなど、古くから九州の政治の拠点として繁栄してきた歴史にも縁のある土地です。

そんな薩摩川内市の観光おススメスポットは「新田神社」です。標高70mの小さな神亀山の山頂に立つ神社で、天皇のご先神であるとされる「ニニギノミコト」を祀っています。かつて、薩摩国一の宮と呼ばれた格式高い神社には、今でも沢山の参拝者が訪れます。社殿には国や県指定の重要文化財が数多く残されています。社殿へ上る石段の途中には御神木のクスがそびえ立ち、厳粛な雰囲気を漂わせています。隣接している可愛(えの)山陵は、神代三山陵の一つに数えられており、ニニギノミコトの墳墓として宮内庁直轄で管理されています。また、境内には子供の獅子を抱いた像があることから、子宝の神様としても信仰されており、子宝を望むご夫婦の姿が数多く見かけます。

世界一郷水車
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/xfpjw931/68491562.html

「藺牟田池の泥炭形成植物群落」の名称で国の天然記念物に指定され、2005年に国際的条約「ラムサール条約」指定湿地に登録されたのが「藺牟田池」。7つの外輪山に囲まれた周囲約4kmの静かな池です。湖畔の周辺には季節の木々が茂っており、春は梅や桜、秋は紅葉と自然の美しさを楽しむことができます。そんな藺牟田池から車で5分ほど走ったところにあるのが「世界一郷水車」です。直径13.2mの杉板で作られた巨大な水車で、以前は世界一の規模を誇っていたそうです。水車の最頂部に設けられた龍の口から吐き出される水によって巨大な水車が回る光景は圧巻です。鹿児島に遊びに行ったらぜひ訪れたいスポットです。

樋脇
出典:http://www.yado.co.jp/

そんな薩摩川内市にあるのが「道の駅 樋脇」です。鹿児島空港から車で約50分のところにある道の駅で、県道川内加治木線沿いにあります。市比野温泉の入り口にある道の駅内には、無料の足湯があり、旅の疲れを取ってくれる癒しスポットになっています。直売所では、焼酎や竹製品・陶器、漬物などの特産品を取り揃えています。旅の途中のリフレッシュやお買い物に「道の駅 樋脇」にぜひお立ち寄りください。

薩摩国でもっとも格式ある神社を巡る 「道の駅 樋脇」

この記事が気に入ったらシェア

Share: