みちスタイル

和歌山

緑豊かな山間の絶景と美人の湯 「道の駅 田辺市龍神木族館」

出典:http://blog.goo.ne.jp/otchan1
出典:http://blog.goo.ne.jp/otchan1

和歌山県の中央東部に位置し、市町村合併によって平成17年に新たに新しく田辺市に加わった龍神村。緑豊かな場所にあり、林業が盛んな山村です。そんな龍神村にあるのが、紀州の屋根として知られる護摩壇山。山の名前は戦いに敗れた平維盛が山頂で護摩をたき、行く末を占ったという言い伝えから名づけられたと言われています。「高野龍神国定公園」の中にあり、ブナなどの原生林に覆われていて、冬になると雪景色や樹氷など美しい景色を見ることができます。紅葉の名所でもあり、見ごろになると山全体が色づき圧巻の光景が広がります。山頂から小森谷渓谷にかけては遊歩道などが整備されているので、多くのハイキング客がこの山を訪れています。山頂近くにある「ごまさんスカイタワー」は高さ33m。護摩供養の護摩木を積み上げた形をした一風変わった展望タワーです。展望台からは360℃の大パノラマが楽しめ、天気のいい日には遠く四国の山々まで見ることのできる絶景スポットです。

龍神温泉
出典:http://www.ryujin-kanko.jp/news/info_137.html

龍神村を訪れたら必ず行きたいのが「龍神温泉」です。日高川の渓谷沿いの自然豊かな場所にあり、島根県の「湯の川温泉」、群馬県の「川中温泉」と並んで日本三大美肌の湯として有名です。透明な重曹泉の柔らかなお湯で、ツルツル&しっとりとした肌になる女性にうれしい温泉です。温浴効果も高く持続するので、冷え性や肩こり、神経痛にも効果があるといわれています。江戸時代には歴代の紀州徳川藩主の別荘地として栄えた歴史ある名湯で、藩主が湯治を行うために建てた宿が現在も残っています。日帰り入浴を楽しめる場所もありますので、旅の途中の休憩にも気軽に利用できそうですね。

田辺市龍神木族館
出典:http://www.guruwaka.com/michnoeki-ryujin/

そんな龍神村にあるのが「道の駅 田辺市龍神木族館」です。高野山から高野龍神スカイラインで龍神方面へ1時間、国道371号沿にある道の駅。龍神村の名前にちなんで龍のイメージで作られた木製の建物が印象的です。林業が盛んなこの地域にある道の駅には、龍神杉で作った割り箸やまな板などの木工品が販売されています。他にも龍神温泉で作られた石鹸や化粧水などが販売されています。駅内の「木族館」では、龍神村の天然水で入れた香り豊かなコーヒーを、木の香りが漂う道の駅内や開放的なテラス席で楽しむことができます。 旅の途中のご休憩にぜひ「道の駅 田辺市龍神木族館」にお立ち寄りください。 

緑豊かな山間の絶景と美人の湯 「道の駅 田辺市龍神木族館」

この記事が気に入ったらシェア

Share: