みちスタイル

福島

南会津を120%楽しむ人気観光スポット! 「道の駅 たじま」

出典:http://town.shimogo.fukushima.jp
出典:http://town.shimogo.fukushima.jp

下郷町は、福島県の会津地方南部に位置し、南は栃木県の那須塩原市に隣接しています。那須山系の山々に囲まれた緑豊かな町で、冬には雪が多くふる降雪地域です。 そんな下郷町には国の特別天然記念物に指定されている景勝地「塔のへつり」があります。「へつり」とは、地元の言葉で「断崖」のこと。100万年もの歳月をかけて浸食と風化を繰り返し、見事な景観が作り出されました。「塔のへつり」には、その形状によって「屏風岩」や「夫婦石」様々な呼び名が岩に付けられています。塔の形をした断崖に、藤見橋と呼ばれるつり橋が架けられており、橋を渡って断崖の一部の内部を見学することができます。紅葉シーズンには絶好のビュースポットとなり、多くの観光客の目を楽しませてくれます。

大内宿
出典:http://town.shimogo.fukushima.jp/

「大内宿」は、昭和56年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、今では福島県内でも1、2を争う人気の観光スポットです。江戸時代に参勤交代などで江戸へ向かう大名や旅人で賑わった宿場町。のどかな里山の風景の中に茅葺の屋根の民家がずらっと立ち並ぶ光景は、江戸時代をタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。全長1kmの「大内宿」の多くの民家は、お土産店や飲食店などを営んでいます。

高遠そば
出典:http://find-travel.jp/article/7771

中でも有名なのが、箸を使わず丸々1本の長ネギでそばを食べる「高遠そば」!これを目的に「大内宿」にやってくる人もいるほどです。他にも当時の生活が再現された展示館などもあります。また冬には「大内宿雪祭り」が開催されます。雪灯篭に照らし出され、花火大会も行われる幻想的な雪祭りです。雪に包まれた「大内宿」の風景は息を呑む美しさです。

道の駅 たじま
出典:https://retrip.jp/articles/10675/

そんな魅力溢れる観光スポット満載の下郷町にあるのが「道の駅 たじま」。国道121号沿い、山王峠の山頂付近にある道の駅です。道の駅内には様々なイベントを行う「お祭り広場」や物産販売所の「会津の関」があります。軽食コーナーでは、山菜そば・うどんなどの他に、ソフトクリームなども販売しています。おすすめは「アスパラのソフトクリーム」!南会津特産のアスパラガスの香りと甘みが絶妙のココでしか味わえない一品です。会津観光の際のご休憩に、「道の駅 たじま」へお立ち寄りください。

南会津を120%楽しむ人気観光スポット! 「道の駅 たじま」

この記事が気に入ったらシェア

Share: