みちスタイル

埼玉

レトロな建物がノスタルジーを誘う 「道の駅 おかべ」

出典:http://halwar.futene.net/koto/renga3ex.html
出典:http://halwar.futene.net/koto/renga3ex.html

埼玉県の北部に位置する深谷市は、柔らかく、甘みが強い「深谷ねぎ」が有名です。ゆるキャラグランプリで上位入賞を度々果たしている人気のゆるキャラ「ふっかちゃん」の角の部分は、実は「深谷ねぎ」になっています。「深谷ねぎ」に代表されるように、利根川と荒川に挟まれた肥沃な大地では、美味しい農作物が沢山育ちます。「きゅうり」「ブロッコリー」「ほうれん草」などは深谷市の特産品です。

そんな深谷市に縁のある偉人に、「渋沢栄一」がいます。渋沢栄一は、天保11年(1840年)に深谷市の農家に生まれます。一橋家に仕え幕臣となり、幕府使節団に加わって渡欧。帰国後は、明治新政府の大蔵省に仕えますが、その後辞職。以後は、様々な企業の設立や経営に関わり「日本資本主義の父」といわれています。そんな渋沢栄一に縁があるのが 「誠之堂」と「清風亭」。渋沢栄一縁の建物で、平成11年に東京都世田谷区から深谷に移設されました。レンガの煙突が印象的な「誠之堂」は、渋沢栄一の喜寿のお祝いに第一銀行の社員が出資して建てられました。大広間の暖炉脇にある窓には、中国風のモチーフが珍しい6面のステンドグラスが配置されて見所となっています。西洋風の外観とは異なり、内装は中国・朝鮮・日本的なデザインが取り入れられた建物となっています。 「清風堂」は、当時第一銀行の頭取であった佐々木勇之助の古希を祝って「誠之堂」と並んで建てられました。「清風堂」の外観は当時流行していたスペイン風の様式が取り入れられています。共に建築史上重要な建物で、「誠之堂」は平成15年に国の重要文化財に、「清風堂」は、平成16年に埼玉県指定有形文化財に指定されています。

深谷シネマ
出典:http://www.fukaya-ta.com/midokoro/fcinema/

歴史的な建築物に触れた後に、ご紹介するのも建物に特徴があるちょっと珍しいミニシアターです。「深谷シネマ」は、旧中山道にある300年もの歴史を持つ「七ッ梅酒造跡」の酒造を改装して作られた全国でも稀な映画館です。酒蔵を改装しているので趣のある外観が特徴的です。映画館の中には歓談スペースなどもあり、街の人たちの憩いの場になっています。最近ではドラマ等のロケ等に使われることもあるようです。

道の駅 おかべ
出典:http://saipo.net/10010004.html

そんな「深谷シネマ」から車で10分ほどのところにあるのが、「道の駅 おかべ」。国道17号沿いにある道の駅です。道の駅内にある農産物直売所では、深谷特産の「深谷ねぎ」や「きゅうり」などの新鮮な野菜・切り花がずらり!日本有数の野菜の生産地・深谷ならではの品揃えは圧巻です。物産センターには、お漬物やジェラートなどの加工品も充実。ドライブの間の休憩に是非お立ち寄りください。

レトロな建物がノスタルジーを誘う 「道の駅 おかべ」

この記事が気に入ったらシェア

Share: