みちスタイル

奈良

世界遺産の寺社・仏閣と自然を巡る 道の駅 吉野路大淀iセンター

出典:http://find-travel.jp/
出典:http://find-travel.jp/

奈良県の中央部にある吉野山は、大峯連山の南北に8km続く尾根一体のことを指します。2004年には吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、世界遺産にも登録されました。吉野山全体が世界遺産として登録されており、「金峯山寺蔵王堂」や「吉水神社」、「吉野水分神社」「金峰神社」の寺社・仏閣も世界遺産に登録されております。また吉野山は古来より桜の名所として知られ、シロヤマサクラを中心に約200種類、3万本の桜があるとされています。

麓から下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)の4箇所に桜が密集しており、「一目で千本に見える豪華さ」ということから「一目千本」とも言われています。例年4月上旬から順に山上に開花していくため、長期にわたって見事な桜を楽しむことができます。また、桜の開花にあわせてライトアップも行われるので幻想的な雰囲気を楽しむことができます。桜の名所として知られる吉野山ですが、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、日本の美しい自然の風景を楽しませてくれますので、四季を通じておススメのスポットです。

龍水園
出典:http://www.jalan.net/kankou/

世界遺産の吉野熊野地方の入り口、奈良県吉野郡大淀町にある梨園の「龍水園」は、明治28年創業で梨一筋の農園です。園内には樹齢100年を超える木もあります。海抜が約230mに位置し、昼夜の寒暖差が大きく、日中の太陽の光に恵まれ梨栽培に適しています。梨の木で完熟した実は、とても瑞々しく果汁もたっぷりです!シーズンには梨狩りが行え、その場で採りたての梨をたくさん食べることもできます。

吉野路大淀iセンター
出典:http://www.bikebros.co.jp/

そんな豊かな自然に包まれた大淀町にあるのが、西名阪自動車道天理ICから25kmにところにある、道の駅「吉野路大淀iセンター」です。奈良県吉野の玄関口にある道の駅らしく「吉野杉」を活用した建物は、木の持つ温かみのある空間を提供しています。道の駅内には、地元で採れた旬の農作物や花が所狭しと並んでいます。レストラン「ときん」では、名物の「柿の葉ずし ざるそばセット」や、1本100円の田舎こんにゃくが大人気です。旅の途中にゆったりとご休憩いただけるオアシスとなっていますので、ぜひお立ち寄り下さい。

世界遺産の寺社・仏閣と自然を巡る 道の駅 吉野路大淀iセンター

この記事が気に入ったらシェア

Share: