未知スタイル

福井

この記事をシェアする

出典:www.pref.fukui.lg.jp
出典:www.pref.fukui.lg.jp
出典:joy-trip.jp

日本海沿いに位置する福井県三国町にある三里浜砂丘地帯は、らっきょうの産地として有名です。10月下旬頃になると、らっきょう畑の花がいっせいに咲き誇り、薄紫色の花が一面を埋め尽くします。通常、らっきょうは、一年未満で収穫できます。しかし、この三里浜の砂丘地で作られているらっきょうは、植え付けから収穫まで三年もの月日を要し、「三年子」と呼ばれています。長期間をかけて栽培した三年子は小粒で繊維が細く、シャキシャキと歯切れのよいらっきょうとなります。らっきょうが持つ「硫化アリル」という物質は、糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収を、通常の7倍にも高めてくれて、血液を浄化して血行をよくし、循環器系の機能を正常化する働きがあります。毎日5〜6個食べると成人病の予防に役立ち、がんの抑制公開があるそうです。福井県の人々が長寿の原因はこのらっきょうを使った料理を多く摂取しているのと言われているのも納得!

出典:www.hotpepper.jp

そんな福井県坂井市を走る国道305号線沿いにある道の駅「みくに・ふれあいパーク三里浜」では3年子らっきょうをはじめ、地元の旬の食材がたくさん並んでいます。近くにある三国温泉ゆあぽ〜とでは日本海に沈む夕日を眺めながら、のんびりと温泉につかることができほか、国の天然記念物に指定されている東尋坊では世界的に有名な断崖絶壁の絶景を眺められます。レストランではらっきょう料理は特におすすめで、らっきょうの天ぷらの他、特に三年子 花らっきょうをトッピングした「花らっきょうラーメン」は観光ガイドブックに取り上げられるほど人気があるメニューで、これを食べに来るだけでも立ち寄る価値があります!